CentOS 6.4 に Zabbix 2.0 をいれたおはなし

かわいいかわいいむすめ(@pipipibot)が産声をあげてから半年以上がたちました。 むすめの成長にあわせて DB も大きくなってきていますし、そろそろリソースの使用量が気になるところです。 ということで Zabbix をいれてみました。

環境

Zabbix インストール

epel 版をインストール

$ sudo yum --enablerepo=epel install zabbix20-server zabbix20-server-mysql zabbix20-web-mysql zabbix20-agent

Zabbix Agent の設定

$ sudo vi /etc/zabbix/zabbix_agentd.conf
Hostname={HOSTNAME}
ListenIP=127.0.0.1

$ sudo chkconfig zabbix-agent on
$ sudo service zabbix-agent start

DB(MySQL)の設定

$ mysql -u root -p
mysql> create database zabbix character set utf8;
mysql> grant all privileges on zabbix.* to zabbix@localhost identified by '{PASSWORD}';
mysql> flush privileges;
mysql> exit

$ mysql -uzabbix -p zabbix < /usr/share/zabbix-mysql/schema.sql
$ mysql -uzabbix -p zabbix < /usr/share/zabbix-mysql/images.sql
$ mysql -uzabbix -p zabbix < /usr/share/zabbix-mysql/data.sql

Zabbix Server の設定

$ sudo vi /etc/zabbix/zabbix_server.conf
DBPassword={PASSWORD}

$ sudo chkconfig zabbix-server on
$ sudo service zabbix-server start

Web インターフェースでの設定

初期設定

  1. http://{HOSTNAME}/zabbix/ にアクセスして適当に進める
    2. Check of pre-requisites で怒られたら /etc/php.ini を変更して Apache を再起動。グローバルの設定を変更したくなかったら /etc/httpd/conf.d/zabbix.confphp value {KEY} {VALUE} みたいな感じで記述してもよいです
  2. しばらく進めるとログイン画面がでてくるので、デフォルトのユーザ, パスワードでログイン
    Username: admin
    Password: zabbix

監視ホストの追加

  1. ConfigurationHosts をクリックし、右上の Create host をクリック
  2. Host name を入力
  3. Templetes タブに移動し Add をクリック
  4. Template OS Linux にチェックをいれて Seletct をクリック
  5. Save します。あとはお好みで Screen つくったり Trigger 設定したり

おもったこと

  • PHP をいれなきゃいけないのが精神的につらかった(PHP は言語じゃない)
  • /etc/zabbix/zabbix_server.confパーミッションが 400 とか頭おかしいことになっていた(適当に変えてしまったけどよいのかな~?)
  • /etc/zabbix/zabbix_agent.conf ってファイルがあるんだけど、/etc/zabbix/zabbix_agentd.conf となにがちがうのかわからない(よくわかっていない)
  • 最初 Item とかの存在を知らなくて、ホストを追加したはいいけどなにも監視できなくて困った(おろおろ)
    • とりあえず Template OS Linux 追加したらなんとかなった(わーい)
  • server と agent が同じサーバに入っているという謎の状況(なんとかしたい)
    • MySQL の監視をしたくて導入したのに Zabbix がいっぱい MySQL 使ってるからよくわからないことになっている(怒)